子供の不登校が近所の噂にならないか心配なあなたへ

親の悩み
  • 不登校の子供のことが近所で噂になってないか心配・・・

子供が学校に行っていないことが近所の噂話のネタにされてないか心配していませんか?

特にママ友同志だとどうしても子供の話になりがちです。
また、子供のことだけでなくあなたのこともダメな母親だとか言われていたら最悪です・・。

この記事では近所の噂が気になるあなたに対処方法を伝授します!
ぜひ最後まで読んでみてください。

M田Y子
M田Y子

この記事を書いたM田Y子です。
自身が中1の途中から中3まで不登校(復帰できず中卒)、そして娘が小4から不登校(小5で復帰済み)、という不登校児本人、不登校児の母親、両方とも経験した立場から記事を書かせてもらっています。
詳しくは運営者情報をチェックしてみてください。

噂なんて気にしないこと!

いきなり当たり前のことを言って申し訳ないですが・・・

噂なんて気にするな!!

もちろん言うのは簡単ですが、なかなか難しいですよね。

私も子供が不登校の時、もしかしたら近所で噂されていたかもしれません。
あそこの子は学校に行ってないとか、母親のせいだ、とか・・・。

でも正直噂話を気にする余裕なんてなかったです。
「あー、されてるかもなあ」くらいには思っていましたが。

とにかく、周りにどう思われようが、あなたは子供のことを一番に考えてあげてください。
もちろんすでに一番に考えていると思いますが。

そして二番目はあなたのことです。

そう考えていくと近所の噂なんて何番目ですか?
正直10番目より下ですよね?(笑)

ずっと噂され続けることはない

噂

噂話のネタってものすごい速さで移り変わるってしっていますか?

結局近所の人は自分の家庭より大変そうな家庭をみて安心したいだけです。

今後、間違いなくあなたの家庭より大変な家庭がでてきます。
どこどこの旦那さんが不倫してた~とか、よくある噂ですよね。

新しいニュースを聞きつけた近所の人たちはそちらの家庭の噂を始めるだけです。
あの人たちは「新しい話題」に飢えているだけなのです。

あなたの家庭のことなんてあっという間に忘れられますよ(笑)

また不登校はいつかは終わることです。
もちろん学校に行けるようになるのが一番ですが、万が一そうじゃなくても、ずっと学生であり続けるわけではありません。

つまり(まずありえませんが)近所で新しいネタがなかったとしても、永遠に噂にされ続けることはありません。

プラスの恩恵はしっかり受け取る

噂されるのは確かにいい気分ではありません。

かといって人の口や耳をコントロールすることは不可能です。
だったら受け入れるしかありません。

でもマイナスの面ばかりではなく、プラスの面もあります!

私の場合は、子供が不登校のママや、過去に子供が不登校だったママと知り合うことができ、色々情報交換ができました。

自宅学習のこと、留守番のこと、学校との付き合い方など、有意義な話が沢山聞けました。

この時できたママ友はいまだに仲良しです。
むしろ「ママ友」というくくりではなく、普通に友達って感じですね。

堂々とする

そもそも不登校は恥ずかしいことではありません!

特に地方の方に多いようですが、噂になるからと子供の不登校をご近所に隠したがる人も多いです。

「恥ずかしいから」学校に行ってほしい!
「恥ずかしいから」平日の昼は家から出ずに音も立てないで!

なんてのはもってのほか!
子を恥じず胸を張って堂々としてください。

あなたの態度は子供に間違いなく伝わっています。
あなたが堂々としていないと子供も人の目ばかり気にしてしまいます・・・。

結果、不登校の解決が遅くなってしまうケースも多々ありますので要注意です。

まとめ

母子

噂なんて気にするな!

当たり前のことですが、なかなかできることではありません。

でも子供のため、あなたのためにも、近所の噂なんて跳ね除けてやるくらいの強い気持ちを持ってください。

なにより不登校は後ろめたいことでも恥ずかしいことでもありません!
胸を張って堂々としてあげてください!

あなたにおすすめの記事

子供に「何もしてあげられない」と悩んでいませんか?
例え何もしてあげられなくても「しなくていいことをしない」だけでも十分なんです!
詳しくはこの記事を読んでみてください。

不登校の子供に何もしてあげられない?そんなことは無い!
不登校の子供に何もしてあげられないのが辛い・・・ と悩んでいませんか? この記事では学校に行けない子供に「親として何がしてあげられるか」を解説しております。 最後まで読んでみてください。 M...
私の娘が学校に行けるようになったきっかけは「ある動画」
私の娘は小4の5月に不登校になってしまいました。(詳細:運営者情報

当時は担任の先生、学年主任の先生、校長先生、スクールカウンセラーなど色んな人が親身に相談に乗ってくれましたが、解決しないまま半年以上の時間が流れました。

母親である私は仕事を辞め、下の子(妹)も愛情不足を感じたのか情緒不安定になり、家族全員が苦しみました・・・。

ところがある日を境に、徐々にですが娘が学校に行けるようになりました。
もちろん無理やり行かせたのではなく、自分から勝手にランドセルを背負って登校するようになったんです。


結局娘の不登校が解決したきっかけは「私と夫が変わった」ことでした。

そして私と夫が変わったのはこの動画教材のおかげです。

娘を学校に行かせたくて藁にもすがる思いでネットや本屋で情報をかき集めていた時に出会った動画教材です。

あなたのお子さんの不登校解決のきっかけになるかどうかは分かりませんが、私が自信を持っておすすめできる教材です!
この記事を書いた人
M田Y子

猫と家族を愛する198X年生まれの既婚女性。自身が中1の途中から中3まで不登校。母親(母子家庭)を泣かせに泣かせる。学校に復帰できないまま中卒で学校生活を終了、結婚して現在に至る。
そして第一子である娘が小4から不登校に。まさかの遺伝!?いろいろあって小5で復帰。現在は順調に登校中。

M田Y子をフォローする
親の悩み
M田Y子をフォローする
匿名希望の不登校
タイトルとURLをコピーしました