不登校の子供に共感できないあなたへ

不登校の子供の気持ちを分かってあげられない
親なのに共感してあげることができない

子供の気持ちを理解してあげたい、と思っていても、親とは言え別人。
完全に共感するのは難しいです。

不登校の気持ちはわかりません
私自身不登校を経験しましたが、それでも娘が不登校になる気持ちは100%理解できませんでした。
不登校未経験の親御さんよりは共感できたかもしれませんが・・・
同じ不登校同志でもそうなのに、分かるはずがありません。
わからないのが普通なので、自分を責める必要はまったくありません。

M田Y子
M田Y子

この記事を書いたM田Y子です。
自身が中1の途中から中3まで不登校(復帰できず中卒)、そして娘が小4から不登校(小5で復帰済み)、という不登校児本人、不登校児の母親、両方とも経験した立場から記事を書かせてもらっています。
詳しくは運営者情報をチェックしてみてください。

無理に共感しない

いくら親でも共感できないこともあるのは当然
無理やり共感することはできない
無理に共感してもそれは真の共感ではない
子供は親の演技を見抜く
学校に行ってほしいから共感してるだけ、が見え見え
違和感を感じたら余計に心を閉ざしてしまう危険性も
下手な共感をするくらいなら共感なんてしないほうが何倍もマシ

共感するのではなく興味を持つ

共感できないときに共感するフリをするのはやめる
嘘を付くことになるし、その嘘を子供は見抜く
共感できないなら、否定も肯定もしない
「なるほど」「そうか」と子供の発言に興味を持ってあげる
人としゃべるとき会話が続くように相槌を打ちますよね?それと同じ
無理に共感しなくても、興味がある姿勢で聞いてあげると子供の発言が増え、キャッチボールが続く
キャッチボールが続けば心を開く
今まで親に言えなかったことも言えるようになる
不登校解決のきっかけにもなる

不登校を受け入れる

無理に共感はしない
でも受け入れてあげることは大切
いまのあなたのままでいい、と受け入れる
自己肯定感を育ててあげる
「不登校=失格」ではないと
受け入れる=無理に変えようとしない
相手を受容する
あなたの価値観や感情、考えを押し付けるのではなく、相手に寄り添ってあげる
自分の考えは通さないこと

まとめ

共感できないのは当たり前
そのことで自分を責める必要はないし、無理に共感する必要もない
真の共感なら意味はありますが、作られた偽りの共感では不登校は解決しない
興味を持ってあげる、受け入れてあげることが一番大切です

この記事を書いた人
M田Y子

猫と家族を愛する198X年生まれの既婚女性。自身が中1の途中から中3まで不登校。母親(母子家庭)を泣かせに泣かせる。学校に復帰できないまま中卒で学校生活を終了、結婚して現在に至る。
そして第一子である娘が小4から不登校に。まさかの遺伝!?いろいろあって小5で復帰。現在は順調に登校中。

M田Y子をフォローする
未分類
M田Y子をフォローする
匿名希望の不登校
タイトルとURLをコピーしました