不登校の子供が愛せない・・・とお悩みのあなたへ

不登校の子供を愛せない
何を言っても反抗的な態度
親の気持ちを分かってくれない
子供への気持ちが冷めてしまった
あんなに可愛かったのに・・・
不登校になる前と同じ様に愛せない
普段子供とあまり関わらない夫はこの気持ちを理解してくれない

愛さないといけない、という思い込みを捨てる

いつでもどんなときでも100%愛していないとおかしい!は綺麗事
どんな親でも常に全力で愛しているわけではない
子供が例え不登校でなくてもそれは同じ
不登校でずっと家にいてゲームやYou Tube三昧で親の気持ちも分かってくれない子供を「愛せない」と思ってしまうのはある意味当然の反応。
親は愛さないといけない、と自分を追い詰めるのは辞めましょう
今の気持ちを認めてあげましょう
そもそも無理に愛そうと努力するのはおかしなはなし
努力して愛せるなら離婚はなくなりますよね(笑)

また愛せる日が来る、と知る

愛せない=愛がないわけではない
愛せないと悩んでいる事自体が愛情の証拠
そもそも無理に愛そうと努力するのはおかしなはなし
努力して愛せるなら離婚はなくなりますよね(笑)
今は不登校のことで一時的に愛が弱まっているだけ
また子供を可愛いと思える日は必ず来ます!
今の気持ちが永遠続くわけではありません

自分を責めない

愛せないのはあなたのせいではありません
ましてや子供のせいでもありません
「不登校」という状況のせいです
愛せない自分を責めるのはやめましょう
愛さないと!と頑張るのもやめましょう
必ず前のように自然な気持ちで愛せるようになる日が来ます
そういう山や谷を経験して親子関係を築いていくのです
今は良くない状況というだけ
そもそも悩んでる時点でちゃんと愛することができています。
不登校という状況のせいで自分の気持ちが分かっていないだけです。

子供のことを考える時間を減らす

愛せないと悩むのも、子供のことを考えすぎているせい
考えてもすぐに問題が解決するわけではない
このままではあなたのメンタルも心配です
子供と距離を開けて、子供のことを考える時間を減らしてみてください

まとめ

無理に愛そうとしてもそれは愛ではありません
もともと愛していたのであれば、必ずまた自然に愛せる日が戻ってきます
その日が来るまでは辛い日が続くかもしれませんが、必ず終わりは来ます。

この記事を書いた人
M田Y子

猫と家族を愛する198X年生まれの既婚女性。自身が中1の途中から中3まで不登校。母親(母子家庭)を泣かせに泣かせる。学校に復帰できないまま中卒で学校生活を終了、結婚して現在に至る。
そして第一子である娘が小4から不登校に。まさかの遺伝!?いろいろあって小5で復帰。現在は順調に登校中。

M田Y子をフォローする
未分類
M田Y子をフォローする
匿名希望の不登校
タイトルとURLをコピーしました