訪問看護と訪問介護

訪問看護は看護師が行いますが、訪問介護は介護士が行ってます。
似ていますが、医療か介護かで違う面が大きいです。
訪問介護は高齢化が進み介護保険制度の導入に伴い一気に広がった分野です。
仕事の内容としては、介護福祉士などが訪問して、主に生活部分である入浴や排泄、食事などの介護を行います。
その他家事や掃除などもあり、簡単に言えば日常生活のお世話をする仕事です。
要介護度によって報酬も変わってきます。
しかしこの訪問介護の現場はそれ程甘いものではありません。
介護では肉体労働もつきもので体力的に厳しくなる場合もあります。
訪問介護の仕事は、介護者の生活に直接関与する訳ですので人間関係やご家族との関係も良好でなければ勤まらないでしょう。
要チェック:訪問看護と訪問介護の仕事が沢山あるナース人材バンク。仕事探しにかなり重宝します。
ナース人材バンク

病棟勤務の薬剤師に必要なスキル

一般的に薬剤師と聞くと、薬局にいる白衣を着た女性というイメージがあります。
しかし、薬学部を出て国家資格を取った方の多くが病院勤務となります。
少し前から分業化が進められていますので、同じ病院に勤務していても、調剤を専門に行う薬局で働く場合と、入院患者の病棟を担当する薬剤師に分かれます。
とくに入院患者を相手にする場合には、ただ単に薬のスペシャリストであれば務まるわけではなく、調合したお薬を患者さんのところに届けて、服薬の指導などを行なわなければなりません。
そのため、病棟で勤務する場合にはコミュニケーション能力も求められます。
患者さんの中には「薬は飲まない」と言い張る人もいますので、上手に話してあげることができる薬剤師が求められています。
必要となるスキルは勤務先で異なるわけです。

薬剤師などの資格がある人は

資格がある人はその専門の職場で働く事により、お給料が沢山もらえたり、スキルアップが期待出来たりするので、専門の職場で働くと思います。
薬剤師や看護師、医者やネイルアーティスト、美容師や模型技師、歯科助手や医療事務、カラーコーディネートやファイナンシャルプランナーなどなど、数多くの講座が存在するので上げるとキリがありません。
最近は、専門の求人サイトが続々と出てきていますので、比較的簡単に探せるのではないでしょうか。
他にもフリーペーパーで探すのも良いと思いますし、広告や新聞などにも掲載している所もあります。
そこで、薬剤師の資格をお持ちの人は、専門の求人サイトがある事をご存知ですか?
専門に探す事が出来る為に、探すのがとても楽ですし、自分にあった良い条件から探し出す事が出来るので、嬉しいと思います。専門の求人サイトは、インターネットを使えば簡単に、見つける事が出来るので安心です。
薬剤師の資格があれば薬局、病院、調剤薬局などで働く事が出来ます。